日本人の健康食で昔から納豆を耐えられてきたのですが、これにはカルシウム、ビタミンなど体に必要な栄養がバランス用k豊富に含まれていて、何よりごはんにあってとても重宝されるものです。そして最近納豆はプリン体がたくさん含まれており、痛風になるケースが高い、カロリー高く太りやすいなど良くない話があります。

そしてどんなものでも食べすぎはよくなくて何パック食べると食べ過ぎになるかなど知られてない副作用を調べてみると納豆のすばらしさについてわかってきます。体に必要な栄養がバランスよく含まれ腸の調子を整え肌を健康に保って日々の疲労を回復できる良い食べ物が納豆なのです。

そしてナットウキナーゼは納豆の身に含まれてる特別な栄養素であり、血栓予防して血液サラサラにしてくれる効能があります。そして心筋梗塞など防いでくれて、免疫力向上させてくれます。そしてポリアミンは細胞再生に不可欠な成分であり新陳代謝、老化防止に効果があります。詳しくはこちらのサイトを参考に。ナットウキナーゼの効果を徹底検証!

若いころ体内にポリアミンがつくられて、年齢重ねるうちこれを作り出す能力が落ちてきて、そこで納豆などポリアミンを多く含むものからこれを摂取するのが大事です。細胞再生をしっかりしてみれば肌のシミやくすみなど防いでくれます。

納豆は豊富な食物繊維が含まれてこれは腸内をきれいにする効果があって、それによって便秘予防、肌の健康をたもてます。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンバランスを保ってくれて、それによて乳がん予防になって、更年期障害にも効果が。

豊富なカルシウムも含まれて骨を太く健康にしてくれる効果があります。カルシウムは吸収されづらい成分で納豆は豊富なたんぱく質がカルシウム吸収を助けてくれてとても優れています。納豆のカロリーは100g200kcalで割と高く、ごはん100グラム当たり約170カロリーなのでそれよりも高いのです。やはり食べ過ぎは太りますが、1~2パックなら影響しないはずです・

コメントをどうぞ