納豆といえば、栄養豊富な健康食として有名す。私も小さい頃はあの匂いが苦手であまり食べられなかったのですが強い骨を作るのにも、お肌をきれいに保つためにも効果が高いことを知り大人になってからは色々なアレンジレシピで、積極的に納豆を食べるように心がけています。

まずは、中華風のアレンジ。ごま油、しょうゆと白ごまを加え、お好みで豆板醤を入れるとピリッと辛い納豆になります。これはごま油の香りが食欲をそそり、辛い物が好きな私はかなり辛めにアレンジして楽しんでいます。

これに韓国のりとキムチの刻んだものを入れたら、韓国風に。ご飯はもちろん、冷しそうめんにのせても美味しくいただくことができるのでお勧めです。

また、夏場は薬味をたっぷりいれた清涼感あるアレンジも美味しいです。ミョウガやしょうが、大葉を刻み、キュウリやなすを塩もみして細かく刻んだものを納豆とあえます。たれは付属のものでも、白だしを軽く入れても美味しいです。

具だくさんになって、さっぱりとした味わいなので、夏バテの食欲がない時でも、ぐんぐんとお箸がススムご飯のお供になります。納豆は、熱を加えても美味しくいただくことができます。例えば、納豆あげ餃子。餃子の皮に、たれであえた納豆とスライスチーズを適量つつんで、油でからっと揚げます。

冷たい状態が苦手な人でも、これなら食べられる!ということもあり、特売でたくさん買った納豆が余っている、なんていう時にもおすすめです。お好みでキムチを入れてもアクセントになり、美味ですよ。

納豆には、お肌に良い成分が沢山入っているので、女性には特におすすめの食材だと思います。ビタミンB、ビタミンKやイソフラボン、タンパク質と健康的な栄養がたっぷりです。

どうしてもお腹が空いた夜には、夜食として納豆1パックを食べたりもしますが、炭水化物を採るよりも太りにくいので重宝しています。また、近年話題の酵素も入っているので、食材としてはとても優秀だと言えます。これからも、楽しい納豆のアレンジレシピを実践しながら健康的な毎日に役立てていきたいと思います。

コメントをどうぞ