納豆を美味しく継続しくて食べ続けることが納豆ダイエットには重要なことです。納豆を美味しく食べ続けるためのちょい足しアレンジ方法を知っておくことで、より健康や美容効果を高め、ダイエット効果も出やすくしてくれると言われています。

1つ目のアレンジは「納豆と青じそ」です。青じそには、カロテン、カルシウム、鉄などが含まれているので、たった1つまみ納豆と混ぜるだけで、数種類の栄養成分を補うことができ、ダイエットに必要な栄養補給にもなります。

2つ目のアレンジは「納豆とキムチ」です。キムチは乳酸菌が豊富で便秘解消に役立ち、キムチの辛味成分のカプサイシンは代謝を促し、体温上昇、発汗作用があるので、納豆に含まれている栄養成分との相乗効果でダイエットへと導きやすくしてくれます。

3つ目のアレンジは「納豆と海苔」です。海苔は海の緑黄色野菜と言われるほどカロテンが豊富に含まれています。低カロリーで食物繊維が摂れるというメリットがあり、納豆にも食物繊維が含まれているので相乗効果により便秘解消とダイエット効果の双方に働きかけます。

4つ目のアレンジは「納豆とラー油」です。ラー油を加えることで、コクが出て醤油やタレとは違うピリ辛中華風の味わいを楽しむことができ、単調な味に飽きてしまったときにアクセントとなります。鉄分を豊富に含むザーサイを加えると食感も出て、飽きずに食べることができます。

5つ目のアレンジは「納豆とバジルソース」です。バジルソースをたっぷり加えることで、爽やかな香りが納豆の臭いをカバーし、洋風の味付けになります。バジルはカロテンが豊富な緑黄色野菜なので、納豆に足りない栄養分補うことができます。

6つ目のアレンジは、「納豆とアマニ油」です。アマニ油は健康効果の高い油なので、ポン酢と合わせて納豆にかけることで、健康効果をアップさせてくれます。

7つ目のアレンジは「納豆とキアヌ」です。キアヌは南米原産の穀物で白米と比べると、鉄、カルシウム、食物繊維が10倍あると言われているスーパーフードです。茹でて少し納豆と加えるだけで、栄養価も腹持ちもアップします。

その他の食べ方として、大根おろし、めかぶ、レタス、トマト、じゃこなどと納豆を合わせても美味しく食べることができ、毎日納豆を食べ続けるのが楽しくなります。納豆ダイエットは、納豆好きな人であればすぐに始められる、コスパ抜群のダイエット方法です。

納豆ダイエットに大切なのは毎日続けることです。毎日食べ続けられるよう納豆にちょい足しアレンジすることで、飽きずに健康的に納豆ダイエットを続けることができます。納豆ダイエットの成功の秘訣は継続です。

継続するために、食べ方やアレンジを組み合わせて毎日違った味にチャレンジにしてみて、自分に合った味を見つけたり、食べやすい組み合わせを自分で探すのも納豆ダイエットの醍醐味と言えます。

コメントをどうぞ